HOME >  同人誌作成に関するマメ知識 >  4色分解よりも美しい広域色カラー印刷とは

4色分解よりも美しい広域色カラー印刷とは

表紙の仕上がりは印刷法で違う?」のページで紹介した、カラー印刷ですが、最近では4色分解よりも、もっと美しくなる印刷方法を取り入れている印刷会社が増えてきています。

豪華な中ページを作るコツカラー印刷の基本である、シアン(C)、マゼンダ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)の4色分解のカラー印刷ですと、落ち着いた色合いの印象になります。

この4色分解よりも鮮やかで透明度の高い色合いになる印刷というのが、広域色インクを使った印刷です。
広域色インクで印刷をすると、オレンジからブルーバイオレットの間の色がとても綺麗に表現できるようになるため、RGBカラーモデルにより近い印象の印刷できるんです
(※RGBとは…赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の3つの原色を混ぜた発色方式のことで、テレビのブラウン管や液晶ディスプレイ、それにデジタルカメラなどで画像再現に使われています。)

2つあるRGBの規格とは

ひとつは、先ほど紹介したテレビのブラウン管や液晶ディスプレイ、それにデジタルカメラなどが該当する「sRGB」というもの。
これは、国際電気標準会議で規定された国際的な発色の標準規格としてWindowsをはじめ多くのソフトに用いられています。

もうひとつは、Adobe Systemsが定めた「AdobeRGB」というもの。
sRGBよりも色域が広いため、CMYKが用いられる印刷物に対して適合性があります。

そのため、美しさを重視するなら「AdobeRGB」での作成がオススメなんです。

「AdobeRGB」で作品を作成するには

sRGBに対応しているディスプレイでAdobeRGBを編集しようとすると、画面はsRGBなため表示もsRGBになります。
そのため表示が多少くすんでしまいます。できれは、AdobeRGBを編集するなら、AdobeRGBに対応しているディスプレイを用意しておくといいでしょう。
※高価ですが…。

また、Photoshopのカラー設定を「AdobeRGB」に指定し、作業をすることをオススメします。そしてそのデータを保存する際は、RGBプロファイルを埋め込んでデータを保存してくださいね。

鮮やかで透明度の高い色合いになる広域色インクを使った印刷をより美しくする「AdobeRGB」の設定。
同人誌の表紙の見栄えをもっと美しくしたいと考えるなら、試してみてはいかがでしょうか。